マシニスト

『マシニスト』を今すぐ観る!!
  • U-NEXT
  • Hulu
  • Amazonプライム・ビデオ
  • ビデオマーケット

365日寝ていない男『マシニスト』。本記事ではネタバレなしで、あらすじとおすすめポイント、さらにはトリビアも交えて紹介します!

あらすじ

極度の不眠症で1年も眠れず、病的に痩せ衰えた機械工のトレヴァー(クリスチャン・ベイル)。自宅で不気味な貼り紙を見つけ、新しい同僚に出会って以来、彼の周囲で奇妙な出来事が頻発する。誰かが自分を陥れようとしていると感じたトレヴァーは、疑心暗鬼になっていく。

引用元:シネマトゥデイ

おすすめポイント

365日寝ていない主人公

本作の主人公のトレバーは工場で働く機械工(マシニスト)。

彼は365日寝ていません。

彼の話し相手は、娼婦と空港のカフェで働く女性。しかし、徐々に彼の周りに奇妙なことが起き始めるというホラーテイストのサスペンス映画です。

『マシニスト』のポスターに写っているガリガリの男性が目につくと思いますが、実はこの男性、 かの有名なクリスチャン・ベールなんです!

彼は『バットマン』シリーズや『アメリカンサイコ』、『プレステージ』など数々の映画で主演をはるイケメン俳優としてよく知られています。

ブラッド・アンダーソン監督制作の『マシニスト』の一場面より引用

クリスチャン・ベイルの身体が凄すぎる!

あまりにもガリガリなので、クリスチャン・ベイルの他の作品を知っている人からしたら、CGかと思うかもしれませんが、正真正銘クリスチャン・ベイルの体なんです!!

『バットマン』シリーズでは、バットマンとしてムッキムキの肉体美を仕上げたと思ったら、『アメリカンハッスル』ではだらしない、ハゲたデブのおじさんに変身するなど、本当に肉体改造がすごすぎる、名俳優です。しかし、どの作品よりも『マシニスト』が一番衝撃的でしょう。

それもそのはず、役作りの為に86キロから55キロまで体重30キロ以上落としています。

しかも、撮影前には45キロほどまで減量していたので、スタッフが流石に危険と判断して、逆に体重を少し増やしてもらったそうです。

この減量は歴代のどの役者の役作りよりも差が激しいと言われています。

ブラッド・アンダーソン監督制作の『マシニスト』の一場面より引用

驚きの減量方法

注目の減量方法はなんと、1日ツナ缶とりんごを一個ずつだそうです。。真似したくてもできないとは思いますが、痩せたいと思っている人は健康的に痩せましょう笑

この過酷な減量に加えて、身体的にも精神的にも限界が来ている主人公の役作りのために一日2時間しか睡眠をとらなかったそうです。

しかも、撮影後には『バットマン』のオーディションが控えていた為、半年でまた30キロを増量したそうです。

絶対に寿命が縮んでそう。。。

本格サスペンス

『マシニスト』はクリスチャン・ベイルの肉体改造だけに目が行きがちですが、ストイックな役作り以外に、本格サスペンスが詰まった映画自体の内容が魅力の作品です。

本作の監督は『ザ・コール [緊急通報指令室]』のブラッド・アンダーソンで、緊迫したサスペンス映画を得意とする監督です。

1年間の不眠により、精神的にも身体的にも限界が来ている主人公のトレヴァーが、謎の男に翻弄されるサイコスリラーである本作は、ホラーテイストな演出がされていて、緊張感あふれるサスペンスがみどころです。

若干グロテスクな場面や終始かなり暗いので、観る人を選ぶ映画かもしれません。

なぜ、トレヴァーは365日寝ていないのか。誰が嘘をついているのか。トレヴァーが眠りにつける日は来るのか。是非そこに着目してみてください。

ブラッド・アンダーソン監督制作の『マシニスト』の一場面より引用

鍵を握るゲーム

『マシニスト』ではハングマンというゲームが作中で鍵を握っています。

日本ではあまり馴染みのないゲームですが、海外ではかなり有名なゲームなんです。ゲームのルールを頭に入れていた方が、映画を楽しめると思うので、少し説明をしたいと思います。

簡単にいうと“単語当てゲーム”です。出題者が決めた英単語を、文字数の分だけ下線を引き、次に絞首台だけを書きます。解答者は英単語の中に含まれているであろういずれかのアルファベットを選びます。もし合っていたら該当する下線にアルファベットを入力。違っていたら首吊り死体の絵の一部を書き、絵が完成するまでに単語を当てられるかというゲームです。

子供が遊ぶにしてはブラックかと思うかもしれませんが、アメリカでは授業として取り入れられるほど有名なゲームです。

『マシニスト』では主人公を追い詰める恐怖のゲームとして登場します。

トリビア

・クリスチャン・ベイルは、実際に体重を減らすことを楽しんでいたと発言しており、過酷な状況に高揚感すら感じていたとのこと。

・プロデューサーは、クリスチャン・ベイルにこれほど大幅な減量を依頼していなかったため、撮影初日にベイルの姿を見て純粋にショックを受けたという。

▼マシニストのネタバレやトリビアが見たい方は下の記事へ

合わせて読みたい

2004年公開、365日寝ていない男を描いた映画『マシニスト』の伏線を紹介します。あなたが1度目に見逃したかもしれない伏線や考察をネタバレありで紹介します。これを読んだら、きっと『マシニスト』をもう一...

こんな人におすすめ

スリラー要素がある不気味な映画が観たい人

こんな人には不向き

・終始暗い雰囲気の映画が苦手な人

予告編

マシニストを配信している動画配信サービス一覧