エターナルサンシャイン

【元恋人との想い出を消したいと思ったことはありませんか?】
『エターナルサンシャイン』を今すぐ観る!!
  • U-NEXT
  • Amazonプライム・ビデオ
  • ビデオマーケット

消されていく恋人との記憶と葛藤する映画『エターナルサンシャイン』。本記事ではネタバレなしで、あらすじとおすすめポイント、さらにはトリビアも交えて紹介します!

作品紹介

【元恋人との想い出を消したいと思ったことはありませんか?】

あらすじ

ジョエル(ジム・キャリー)は、別れた恋人・クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)が自分との思い出を消すために記憶除去手術を受けたことを知り、自分もその手術を試すが……。

引用元:シネマトゥデイ

おすすめポイント

いつもとは違う演技を見せるキャスト

ジム・キャリー

主人公ジョエルを演じているのは、『マスク』、『イエスマン』、『フィリップ、君を愛してる!』など数々のコメディ映画に定評があり、私の大好きな役者さんの一人でもあるジム・キャリーです。

おチャラけたイメージが多いなか、本作ではシリアスな役柄を演じてます。

恋にもがき苦しむ姿はなんとも切なく、普段とはまた違うジム・キャリーの魅力に惹かれると思います。

ケイト・ウィンスレット

そして、主人公の相手役クレメンタインを演じているケイト・ウィンスレットは、かの有名な『タイタニック』や『愛を読む人』などに出演している大女優さんです。

この作品でも彼女はアカデミー主演女優賞にノミネートされています!

ケイト・ウィンスレットといえば金髪の真面目なお嬢様というイメージが強い女優さんですが、この作品では自由奔放でわがまま、さらには髪の毛の色が緑、オレンジ、青などビビットな色に染め替えているサブカル系の女性を演じています。

普段とのイメージからかけ離れている分、ギャップ萌えしてしまいます。

他にも、『スパイダーマン』シリーズや『マリー・アントワネット』でお馴染みのキルスティン・ダンストや、『アベンジャーズ』のハルクや『グランド・イリュージョン』のマーク・ラファロ、『ロード・オブ・ザ・リング』で主役を演じたイライジャ・ウッドなど、数々の実力派俳優が出演しています。

ミシェル・ゴンドリー監督制作の『エターナルサンシャイン』の一場面より引用

もしも特定の記憶だけ消せたら??

本作は一捻りある恋愛映画です。

誰か特定の人物の記憶だけ消せたら

というユニークな設定が本作の魅力です。

失恋によって、こんなに辛いのなら出逢わなかったらよかった、いっそ忘れられたら、、と思ったことはありませんか?

そんな誰もが一度は思ったことある感情を描いた映画が『エターナル・サンシャイン』です。

ジョエルとクレメンタインは恋人同士ですが、年月が経つごとに喧嘩が続くようになり、ある日喧嘩別れをしてしまいます。

ジョエルはクレメンタインと仲直りをするため、彼女の職場である本屋に向かうものの、彼女は彼を他人のように扱う上に、別の男性といちゃついているのです。

彼女の切り替えの早さにジョエルは深く傷ついてしまいます。

しかし、彼女は切り替えが早かった訳ではなく、クレメンタインはジョエルの記憶だけを意図的に消してしまっていたのです!

そんな記憶を消せるクリニックの存在を初めて知ったジョエルは、自分も彼女と同じようにクレメンタインの記憶を削除する決意をします。

しかし、彼女との記憶を消去をしていく過程で二人の楽しかった数々の思い出が登場し、ジョエルはクレメンタインへの気持ちを再確認してしまい、脳内で彼女が消えないように必死に抵抗するのです。

そんな切ない恋愛の記憶をテーマにした本作は、アカデミー賞の脚本賞を受賞しています。

ミシェル・ゴンドリー監督制作の『エターナルサンシャイン』の一場面より引用

ヒロインの髪の色がポイント

『エターナルサンシャイン』の鑑賞時に注目して見てもらいたいのは、クレメンタインのカラフルな髪の色です!

作中、クレメンタインは何度も髪の毛を染め直しているのですが、その髪色が大事なポイントになってきます。

この映画は伏線などが盛り込まれており、時系列も若干ややこしく感じるかもしれないですが、髪色を目印に映画を観るとちょっとしたヒントになると思います。

ミシェル・ゴンドリー監督制作の『エターナルサンシャイン』の一場面より引用

記憶と戦う主人公

主人公ジョエルが、消されゆく記憶の中で葛藤する場面がとてもユニークに描かれています。

夢を見ているような感覚が映像化されている、少し奇妙な雰囲気が魅力の映画です。

文章で表現するのは限界があるので、実際に映像で観ることをオススメします。

一生に一度は観て欲しい超がつくオススメ映画なので、少しでも気になる方はぜひ観てみてください!

トリビア

・電車のシーンはすべて動く電車の中で撮影されている。

・ケイト・ウィンスレットは、これが彼女にとって一番好きな作品だとエンパイア誌に語った。

・列車のシーンでは、ケイト・ウィンスレットがジム・キャリーを殴るが、これは演出ではなく、カーリーは本当に驚いている。

こんな人におすすめ

・失恋をしたことのある人

・ちょっと変わった恋愛映画が観たい人

こんな人には不向き

・一般的なラブコメディーが観たい人

・理路整然とした映画が好きな人

予告編

エターナルサンシャインを配信している動画配信サービス一覧